プロフィール


小川 啓華(keika ogawa)

 16歳で師範免許を取得。24歳で埼玉スーパーアリーナ内で書道教室を開講する。その後、広尾に和敬書道院を開講。
 2008年には映画 『天地明察』
(岡田准一、宮崎あおい出演)の題字制作を始め、ドラマ『ソドムの林檎』(寺島しのぶ主演)の題字、Dr.コパ監修『結美』NATURAL LAWSONや日本酒『海女』『酒魂』(宮崎酒造)のラベル、Wired TOKYOの看板など、多くの作品を手掛ける。メディアにも多数出演。
雑誌でも数多く取り上げられる。
フランスをはじめ、日本各地で書のパフォーマンスを行い、国内外で活躍している。

【略歴】
1985年 福岡県糸島市生れ
2001年 16歳で師範免許取得
2018年現在
毛筆 九段 大師範道師
ペン字 八段 大師範傳師
(習字研究社)

【賞歴】
2011年 第3回顔真卿生誕1300年記念書展 優秀賞
       第26回全国臨書摸刻展 佳作
       社中展 奨励賞
2012年 第27回全国臨書摸刻展 推選
       社中展 奨励賞
2013年 第28回全国臨書摸刻展 特選
2014年 第29回全国臨書摸刻展 協会賞

【活動】
2010年 さいたまスーパーアリーナ内で書道教室開講
2014年 福岡県糸島市観光大使就任
2016年 渋谷区広尾で和敬書道院開講

●国内・海外での書道パフォーマンス
(フランス、オーストラリア、ASEAN情報セキュリティ対策、国際疫学総会、国境なき医師団、他)

●作品提供・映画やドラマの題字・パッケージや店舗のロゴデザイン・他
(角川映画、松竹、集英社、WOWOW、TBS、テレビ埼玉、東芝、ナチュラルローソン、LIXIL、他)


〜ごあいさつ〜


幼少から書道を始め、16歳で師範免許を取得。
書道教室を24歳で開講する事が出来ました。
現在では、老人施設での書道講師や、未就学児のお子様にも墨や和紙という日本文化を身近に感じて頂けるような活動もしております。

パソコンやメールが普及した昨今では、手書きという意識が薄れてきたように思いますが、手書きの文字はその人の心が現れ、受け取った方をも幸せに出来き、自分自身への未来に繋がるものだと思っております。

生活において身近にある書くという動作ですが、
自信がないから書かない、書きたくない…と思っている方も多いのではないでしょうか。

皆様に書くという事に自信を持って頂きたい。
そして、書を親しんで欲しいという思いから、ペン字講座を通じ、ご両親から受け取ったお名前を美しく書けるようになるという活動も行っています。

何千年も続く『書』という美しい日本文化を感じて頂き、文字上達は勿論の事、書く事を楽しんで欲しいという思いのもとで、
指導を致しております。

パフォーマンスを始め、タイトルやロゴ、パッケージ等も手掛けさせて頂く機会も増え、その文字から伝わる書、感じる書を日々目指し、制作活動を行っております。

書道という美しい文化を、国内外に発信し続け、本来の自己を目指す書を表現し、追求し、次世代にそして世界に書を広げていきたいと思っております。

作品の制作・パフォーマンスの依頼等は、お気軽にお問い合わせ下さい。